2778円 つまようじホルダー、防湿性つまようじディスペンサー、ホテルホテルのホームレストラン用の耐摩耗性(Deep space gray) ホーム&キッチン 食器・グラス・カトラリー 使い捨て食器 つまようじホルダー 防湿性つまようじディスペンサー ホテルホテルのホームレストラン用の耐摩耗性 送料0円 gray Deep space 2778円 つまようじホルダー、防湿性つまようじディスペンサー、ホテルホテルのホームレストラン用の耐摩耗性(Deep space gray) ホーム&キッチン 食器・グラス・カトラリー 使い捨て食器 gray),2778円,つまようじホルダー、防湿性つまようじディスペンサー、ホテルホテルのホームレストラン用の耐摩耗性(Deep,space,ホーム&キッチン , 食器・グラス・カトラリー , 使い捨て食器,/atmos1942955.html,loganairportlimousines.com gray),2778円,つまようじホルダー、防湿性つまようじディスペンサー、ホテルホテルのホームレストラン用の耐摩耗性(Deep,space,ホーム&キッチン , 食器・グラス・カトラリー , 使い捨て食器,/atmos1942955.html,loganairportlimousines.com つまようじホルダー 防湿性つまようじディスペンサー ホテルホテルのホームレストラン用の耐摩耗性 送料0円 gray Deep space

NEW売り切れる前に☆ つまようじホルダー 防湿性つまようじディスペンサー ホテルホテルのホームレストラン用の耐摩耗性 送料0円 gray Deep space

つまようじホルダー、防湿性つまようじディスペンサー、ホテルホテルのホームレストラン用の耐摩耗性(Deep space gray)

2778円

つまようじホルダー、防湿性つまようじディスペンサー、ホテルホテルのホームレストラン用の耐摩耗性(Deep space gray)

商品の説明

色:Deep space gray

機能:
1。赤外線センサー技術を備えた赤外線センサーつまようじホルダーは、1.3秒でつまようじを配布します。
2。ふたを開けて掃除やつまようじを追加したり、ふたを閉じて密閉された環境を維持したりできます。
3。家庭、キッチン、レストラン、ホテル、バー、カフェ、オフィスなどで広く使用されている自動つまようじホルダー。
4。高品質のアルミニウム+プラスチック素材を使用しているため、耐久性があり、耐摩耗性があり、長寿命です。
5。つまようじホルダーは13度の傾斜設計で、すばやく持ち上げることができます。家族の装飾の誕生日プレゼントにも最適です。


仕様:

アイテムタイプ:つまようじホルダー
素材:アルミニウム+プラスチック
色:写真のように
サイズ:約85x100mm / 3.35x3.94in(D x H)
重量:約435g / 15.3oz
誘導方法:赤外線誘導
動作温度:-30°C 〜50°C
配布時間:1.3秒以内
モデル:M1
検出距離:0〜12cm / 0〜4.72in
電池:4 x AAAアルカリ電池(含まれていません)
電圧:6V
容量:100本のつまようじ






パッケージリスト:
1 xつまようじホルダー(バッテリーなし付属)
つまようじ1箱
1x取扱説明書


注:
1。手動測定による1〜2インチの誤差を許容してください。ご理解のほどよろしくお願いいたします。
2。モニターは同じように調整されていません。写真に表示されているアイテムの色は、実際のオブジェクトとわずかに異なる場合があります。本物を標準でお受けください。
3。バッテリーを取り付けるときは、極性に注意してください。

つまようじホルダー、防湿性つまようじディスペンサー、ホテルホテルのホームレストラン用の耐摩耗性(Deep space gray)

')

<title>つまようじホルダー 防湿性つまようじディスペンサー ホテルホテルのホームレストラン用の耐摩耗性 送料0円 gray Deep space " name="keywords"/> " name="description"/>
English

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

研究所概要

基礎生物学研究所は、生物現象の本質を分子細胞レベルで解明することをめざし、細胞生物学、発生生物学、神経生物学、進化多様性生物学、環境生物学、理論生物学、イメージングサイエンスの7つの研究領域にわたる幅広い研究活動を行っています。

自然科学研究機構

総合研究大学院大学

大学連携
バイオバックアップ
プロジェクト

調達関連情報